with the earth

社会人3年目のb'boy2人による【ありふれた日常の楽しさを加速させる】ブログです。

with the earth

好きなことだけして生きていくためには若いうちにリスクを取っておくべき

f:id:gototoshiyuki5:20190107010129j:plain


サラリーマンだと好きなことだけして生きていくなんて到底無理って思ってる人に是非、読んでほしい。

あおにーはサラリーマンだけど、今好きなことだけして生活しているという実感があります。それはズバリ、1年前23歳という年齢で自由を得ようとリスクのある選択(全く無名のWEBベンチャーへの転職)を取ったことがきっかけです。

「10年後、20年後どういう生活をしていきたいのか」から逆算して今取るべき行動を決める

好きなことだけして生きていきたいなら、まずは「どういう生活をして生きていきたいのか」ということを具体的にイメージしておく必要があります。

そうすることで、今の自分に何が足りないのかを漠然と理解することから始めてみましょう。具体的なゴール設定をしている人とそうでない人では、圧倒的な差が出ます。

f:id:gototoshiyuki5:20190107010911j:plain

平気でリスクを取れるのは若いうちだけ

ゴールからの逆算をしてみると、「あれ?このままじゃ俺全然やべぇぞ?」みたいになる人多いと思います。でも、気にする必要はありません。何故なら、大勢の日本人がやばい状態にすら気が付けていないから。

そして、自分に足りないものをスピーディーに回収していくためには、リスクのある選択を強いられることが多々あります。そこで絶対に忘れないでほしいのが、平気でリスクを取れるのは失うものが少ない若いうちだけなんです。

f:id:gototoshiyuki5:20190107011016j:plain

リスクの先で挑戦し続ければ必ず成功する

1度リスクを取ってみると、不思議なことにあっという間に周囲の環境や考え方が激変します。あおにーもリスクを取った選択をしたおかげで、さらなる挑戦へのハードルが一気に下がりましたね。

結果、次々と挑戦していく姿勢が身に付いたため、仕事もプライベートも本当に好きなことしかやってません(笑)成功するまでやり抜く。たったそれだけだったんです。

f:id:gototoshiyuki5:20190107011200j:plain

まとめ

リスクを取るということは、何かを失うということ。極端な話ですが、0になってみれば、そこにはリスクなんて何にもないんです。0から1を作り、1から100を作っていける力を身に付けることが出来れば、好きなことだけして生きていくことも可能ということです。

 

以上