with the earth

社会人3年目のb'boy2人による【ありふれた日常の楽しさを加速させる】ブログです。

with the earth

生き方に魅せられたNARUTOのカリスマ性に富んだ影の立役者3選

生き方に魅せられたNARUTOのカリスマ性に富んだ影の立役者3選

「あいつは必ずやってくれる。期待を裏切らない、影の立役者達は主人公以上に魅せる」

どうも!小学生の時から、NARUTOに熱狂させられてきたあおにーです!

今回は、大人気少年漫画NARUTOの中で、何故か主人公以上に気になる存在、忍び世界の影の立役者達について。(※ネタばれ注意)

NARUTOについて

f:id:gototoshiyuki5:20190123234517j:plain

まず、NARUTOを知らない人のためにざっくり説明しておきます。

火影(一国の長)になるという夢を持った、忍者として出来損ないの主人公(ナルト)が、周りから馬鹿にされながらも、七転び八起きで夢に向かって前進していくというお話です。

その姿に僕も何度心を打たれたことか。そして、その度にナルトから勇気をもらいました。

主人公以上に気になる?新世代へと忍び世界を託した3人の影の立役者

f:id:gototoshiyuki5:20190123234715j:plain

NARUTO本編では主人公のような脚光を浴びないものの、混沌とした忍び世界に風穴を開け、未来の平和のために人生を捧げた影の立役者達がいる。

  1. はたけサクモ(木葉の白い牙)
  2. うちはシスイ(うちはの天才:瞬身のシスイ)
  3. 波風ミナト(4代目火影:黄色い閃光)
はたけサクモ(木の葉の白い牙)

f:id:gototoshiyuki5:20190123234836j:plain

彼は、ナルトの先生でもある"はたけカカシ"という忍びの父親です。2.3回くらいしか本編では登場していない彼ですが、木葉の白い牙という二つ名で他国にも恐れられていた激戦の英雄です。

彼は、忍び世界で、タブーを犯してしまいます。それは、掟破りです。命よりも任務優先という掟を破り、仲間の命を救うために、任務を放棄し撤退したのです。

当然、里の忍び達から、忍者失格だと誹謗中傷されます。そして、責任感の強かった彼は自らの命を絶ってしまいます。

ですので、本編では既に亡き人として、名前だけが出てくる程度の人物です。

しかし、彼の仲間を大切にするという意思は、ナルトの師でもあるはたけカカシに引き継がれ、「仲間を大切にしない奴は、それ以上のクズだ。」という価値観は、さらに次世代の忍びへと引き継がれていきます。

うちはシスイ(瞬身のシスイ)

f:id:gototoshiyuki5:20190123235225j:plain

NARUTOの世界の中で、ずば抜けた戦闘力を誇ると言われる名門"うちは一族"の1人。そして、その「うちは一族」内でも群を抜いて、実力者として一目置かれていたのがうちはシスイなのです。彼もまた、本編では既に亡くなっているため、回想でしか出番はありません。しかし、彼は「うちは一族」そして、忍び世界の安寧のために、命を燃やした1人の天才です。

彼は、あまりに強大すぎる能力を有しており、その能力を得ようとする味方からも命を狙われる始末。そして、次代の未来のためその力を親友へ託し、自身は自ら命を絶ってしまいます。そうすることで、闘いの火種ともなった彼の能力を強奪されることを防いだのです。

そして、その力を受け継いだ"うちはイタチ"という男もまた、"うちはシスイ"の意思を受け継ぎ、「忍び世界の平和」のために生涯を捧げた一人の忍びであります。

波風ミナト(黄色い閃光)

f:id:gototoshiyuki5:20190123235528j:plain

彼は、主人公"ナルト"の父親であり、圧倒的な強さで周囲から認められ、若くして四代目火影(一国の長)となった男です。いかにも脚光を浴びそうなキャラですが、"ナルト"が生まれる前に亡くなってしまっているため、彼もまた作品内ではそこまで日の目を見ることはありません。

しかし、かつての戦争で凄まじい活躍をした英雄であり、「黄色い閃光」という2つ名で恐れられていました。それは、敵国では戦場で「黄色い閃光」に出会ったら、闘わず必ず逃げろという教えがあったほどでした。

そうして、火影にまで上り詰めた彼ですが、天災とも比喩されていた九尾という化け物を自身の命と引き換えに、ナルトの中へ封印します。自分の息子なら必ず九尾の力をも使いこなせるようになって、忍び世界を変えてくれると信じて託したのです。

・・・からの、ナルト本編なのです。経てして紆余曲折しながらナルトは火影となり、忍び世界を変えていく偉大な男となっていくのであります。

最後に

f:id:gototoshiyuki5:20190124000431j:plain

いかがでしたでしょうか?NARUTOには、主人公以外の人の働きがあって初めて、ナルトが生きている時代が成り立っているという時代背景がたまらない作品だと思います。死んでもなお彼らの意思や価値観が紡がれていき、それがナルトの時代で大成されていくんです。たまらないですね。カッコいいです。

見たことない人は必ず見てみましょう。そして僕と語りながら酒を飲みましょう。

以上