with the earth

社会人3年目のb'boy2人による【ありふれた日常の楽しさを加速させる】ブログです。

with the earth

誰かが見つけた攻略法なんぞアテにするな!何もない場所に勝機を見出せ

誰かが見つけた攻略法なんぞアテにするな!何もない場所に勝機を見出せ

 

f:id:gototoshiyuki5:20190131213152j:plain

「誰かの成功法を実践しても面白くも何ともない。自分が手探りで発掘した道ほど面白いものはない」

 

こんばんわ!何とかして、ホリエモンを熱狂させたいあおにーです!

 

今回は、自分だけの攻略本を作れっていう話。

 

 

好きなことはやり込んでマイ攻略本を作れ

f:id:gototoshiyuki5:20190131224209j:plain

皆さんには自分の人生の攻略本ありますか?

 

これからの時代、「自分だけの攻略本」を持っている人は強い。

 

僕は、高校生の時からずっとブレイクダンスをやっているんですが、上達するためのコツって結局はやり込みなんですよね。

 

というのも、自分がやりたい技のやり方とか、コツを上手い人に聞いたところで、それぞれ身長や体重、手の長さなどみんな違うからピンとこないんですよね(笑)

 

希少性に触れたいゆとり世代

f:id:gototoshiyuki5:20190131230048j:plain

 

僕は思う。

 

ブログでPV上げるための方法とかを記事にしてる人が多いけど、どれもこれも書いてあることは一緒。

 

こんだけ情報過多の時代に、そんな記事読んだってクソ面白くない。

 

そして今、僕らのようなゆとり世代が熱狂させられるのは、世の中的にはマイノリティだと思われるような価値観や人生観を持った人たちの攻略本だと思う。

 

長いものに巻かれろってゆう日本人の持つ思想には、本当にうんざりさせられる。

 

僕らが見たいものは、そんな量産型のザクではなくて、希少価値の高いシャア専用ザクなんだ。

 

コンサルに習うな、自分でやれ

f:id:gototoshiyuki5:20190131234457j:plain

 

コンサルって成功確率が高くて、リスクの少ないものだけをオススメしてくる人たちだと思うんだけど、人から言われたことをやって面白いと感じられるのかと僕は疑問に思う。

 

自分が主人公になって動いて、自分で宝箱を見つけてくるからこそ人生って楽しいんじゃないのか。

 

自分の物語の主人公が、コンサルになってしまっては、そいつは一体誰の人生なんだ。

 

自分で手探りでやると勿論、バカみたいに時間はかかるわ、全然手応えないわで諦めたくなるかもしれない。

 

けれど、苦労して見つけた宝箱には、次の宝箱を見つけるためのヒントが入ってる。

 

 

自分で考えて動いていくと、地図の見方、宝箱の探し方とか、開け方が体に染み付く。

 

 

でも、人から教えてもらった方法ばかりやっていると、金を払って宝箱を見つけることしか出来ない能無しの三流になってしまう。

 

 

価値ある情報を持つのは冒険者のみ

f:id:gototoshiyuki5:20190131234733j:plain

 

いつの時代も、冒険者が自分の村に持ち帰ってきた情報が重宝されてきたんだと僕は思う。

 

 

だからこそ、今話題のホリエモンだったり、前田祐二さんも、前人未到の領域に飛び込んでいき、その体験そのものを価値ある情報として提供している。

 

 

逆にいうと、冒険しまくる=挑戦しまくってるから話題になる。

 

 

そんな簡単なことは、ハナから分かってることなのに、誰もが挑戦できずに燻ってる。

 

プライドはゴミ屑より価値なし

 

www.now-sense.com

 

それはきっとゴミ同然のプライドが邪魔しているだけだと思います。

 

よく人と競うことよりも、自分に勝つことが大事だと世の中的にも言われていますよね?

 

その自分という強敵は、大体自分の形をしたプライドだということです。

 

そして、挑戦ルートに乗ってからは、別の自分と闘っていくことになります。

 

だから、皆さんもそんなゴミ屑よりも価値のないようなプライドは捨て去ってください。

 

そして、ゴリゴリと我が道を進んでください。じゃないと、面白くもない、人の人生を生きていくことになります。

 

 

自分こそが一番面白いと胸張って言える人にこそ、人も金も集まってきます。

 

まとめ

f:id:gototoshiyuki5:20190131234243j:plain

 

まぁここまで熱く述べた僕も今まさに発展途上。

 

だから、いま自分のやっていることに数字を乗せていく。

 

数字という形で説得力を帯びれば、ペテン師でも英雄になれる。

 

口だけで終われるぐらいの夢なら、口に出すな。

 

以上